82pt|ぐらんぶる(既刊21巻)

目次

スコアレビュー

82pt

キャラクター
画力
読みやすさ
漫画力
ダイビング

※漫画力とは、ストーリー性を含めた演出力や構成力など漫画を構成する要素を一括りにした本ブログ独自の表現です。

作品紹介

執筆時点(2023/10/6)では、既刊21巻、以下続刊。

海沿いの街で一人暮らしを始めた北原伊織は衝撃の大学デビューを果たす。出会ったのは美女とダイビング、そして愛すべき野郎ども! バカを描かせたら天下一品の井上堅二と、裸の若者を描く達人・吉岡公威が繰り出す、酒とノリがあふれる最高のキャンパスライフ!!

amazon.co.jpより引用

読んでみた感想

はじめに注意点として、ダイビング要素が少ない漫画ですw
某アイスホッケー漫画ほど酷くはありませんが、ダイビングを求めていると面をくらってしまうしまうかもしれません。
ダイビングは作品を構成するエッセンス的な内容で、キャンパスライフ&コメディがメインとなっています。
ざっくりですが、ギャグ7割、恋愛2割、ダイビング1割って感じですね。
ギャグ⇔恋愛⇔ダイビング、のような相関図になっていて、ギャグはギャグで振り切っていて、恋愛はギャグも含みつつ真面目なダイビングも含まれる。といった具合にギャグだけではなく、ダイビングが絡んだパートはギャグ要素が少なく真面目な展開が多いです。

登場人物は主人公をはじめ、個性的なキャラが多いです。
キャラの個性が薄い漫画って新刊が出た時に、「このキャラ何だっけ…?」といった具合に忘れてしまう事も多いですが、本作品は個性的すぎるキャラが多いためそんなことはありません。
ちなみにゲスいキャラがめちゃくちゃ登場しますw
ゲスなキャラが暴れまくるのが特徴的な作品とも言えます。

ギャグはぶっ飛んだネタが多く、直接的な表現はそこまでありませんが、下ネタ(裸ネタ)アリで、人によって好みが分かれるかもしれません。
基本的にギャグパートがメインですが、時折挟まれるダイビングや恋愛パートはうって変わってシリアスなシーンが多いのでメリハリもありつつ楽しめます。
ちなみに、筆者はギャグより少ないダイビングパートの方が好きです。

一見、癖が強そうな事を多く書きましたが、作品のノリや雰囲気が合うかどうかをクリアできれば、話の進行もスムーズなので読みやすい部類だと思います。


ギャグもシリアスも面白く、管理人オススメの一冊です。

こんな人にオススメ!!
・ギャグ漫画が好きな人
・ギャグ以外にもストーリー性のある漫画を求めている人
(ダイビングと恋愛要素があります)

購入前に気をつけたいポイント
・ダイビング漫画に期待してる人w
・下ネタ(直接的な表現ではなく、主に男の全裸)が多い

ネタバレ感想

クリック(タップ)すると展開します。

後日追記予定。

井上堅二(著), 吉岡公威(著)
発売日:2014-11-07T00:00:00.000Z
¥693
5つ星のうち4.5
Kindleコミックランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次