【70pt】理想のヒモ生活(既刊18巻)

目次

スコアレビュー

70pt

キャラクター
画力
読みやすさ
漫画力
ヒモ生活

※漫画力とは、ストーリー性を含めた演出力や構成力など漫画を構成する要素を一括りにした本ブログ独自の表現です。

作品紹介

執筆時点(2023/10/21)では、既刊18巻、以下続刊。

ブラック企業に勤める山井善治郎は異世界に召喚され、突如、女王様から結婚を申し込まれる。王族としてグータラなヒモ生活を謳歌できるのか? 「小説家になろう」総合ランキング1位獲得作がコミック化!

amazon.co.jpより引用

作品レビュー

異世界系の作品になりますが、死んでから蘇る転生系ではなくて、召喚される系です。
タイトル名のヒモ生活というキーワードと、冒頭のページからいきなりエロい描写があるので「あー、そういうハーレム系ね」と思いがちですが、実はハーレム系からほど遠い内容になっています。

主人公は常識人で日本人らしく謙虚な性格をしています。そして、いわゆる普通なキャラ。
ヒモ生活と聞くと駄目駄目な性格のキャラを連想してしまいますが、真逆のキャラ設定になっています。

あらすじですが、王族の婿殿になることを条件に召喚された主人公はタイトル名の通り、ヒモ生活ができることを前提にその条件を呑むことにします。
そこからダラダラした生活が展開されると思いきや、王族としての立ち振る舞いを要求される主人公、実は一途なキャラで異世界系でありがちな一夫多妻系(側室要素)は拒否するなど、読めば読むほど、なんか思ってたのと違う…wといった具合にヒモ生活要素はほぼゼロです。

展開されるストーリーも主人公が王族という立場になるため、他国との外交関係など結構真面目な内容が多く、側室を娶ることについても作中で触れられる要素になりますが、無職転生(他の有名な異世界転生系作品)のように嫌悪感を抱く人が多そうな表現もなく、側室を娶るという意味を王族としてどう捉えて物語が展開されていくのだろうか?と思わせてくれるような内容になっています。

総評ですが、全体的に漫画としての平均点はクリアしていて、嫌悪感を抱くような要素も少なく、読みやすい作品だと思います。
半面、突出した要素が少なく物足りなさも若干感じてしまいますが、いわゆる無難に読める良質な異世界転生系作品だと思います。

こんな人にオススメ!!
・読みやすい異世界転生系作品を探している方

購入前に気をつけたいポイント
・タイトル名とかけ離れた内容(ヒモ生活ではないし、ハーレム的な要素もありません)

ネタバレ感想

クリック(タップ)すると展開します。

後日追記予定

日月 ネコ(著), 渡辺 恒彦(ヒーロー文庫/主婦の友社)(その他), 文倉 十(その他)
発売日:2017-07-26T00:00:00.000Z
¥319
5つ星のうち4.5
Kindleコミックランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次