【78pt】結界師の一輪華(既刊3巻)

目次

スコアレビュー

78pt

キャラクター
画力
読みやすさ
漫画力
落ちこぼれ令嬢(のフリ)

※漫画力とは、ストーリー性を含めた演出力や構成力など漫画を構成する要素を一括りにした本ブログ独自の表現です。

作品紹介

執筆時点(2023/12/30)では、既刊3巻、以下続刊。

十八歳の一瀬華は、術者の分家に生まれたが、優秀な双子の姉と比べられ、虐げられてきた。
ある日突然、強大な力に目覚めるも、華は静かな暮らしを望み、力を隠していた。
だが本家の若き新当主・一ノ宮朔に見初められ、強引に結婚を迫られてしまう。

amazon.co.jpより引用

作品レビュー

見た目からは内容が少し解りにくいと思いますが、恋愛系の作品です。
舞台は日本。妖魔という悪霊みたいな存在が蔓延る世界観で、結界師とは妖魔から身を守ってる人達です。

主人公である一瀬華は双子の妹ですが、結界師としての能力が低い上に優秀すぎる姉と比較され、幼少期から実の両親に酷い扱いを受けて育ちます。
このあたりの表現がいくらなんでも毒親すぎるだろ…wってツッコミもあると思いますが、本作の見所である、後に覚醒した主人公が「無能を装うけど実はめちゃくちゃ凄い」という要素を際立てるために、あえて過剰な表現をとっているのかな~と思います。(多分)
それくらい主人公の無能感からくる、窮地で能力を発揮する無双感とのギャップ、そして、周囲が主人公を認めていく展開がベタだけど面白いです。

ジャンルは恋愛モノですが、比率としてはそこまで高くなく恋愛要素もある漫画に近いので、少女漫画が苦手な男性等でも楽しみやすいかと思います。
絵柄も綺麗で見やすく、本当に無能感を装う魅せ方が非常に良くできていますので、ツボにハマる人はより評価が高くなるような作品です。オススメ。(管理人も実際の評価よりポイントは高いです)

こんな人にオススメ!!
・無能を演じるけど実は凄い主人公が活躍するような展開が好きな人
・オレオレ主義な男性が好きな人

ネタバレ感想

クリック(タップ)すると展開します。

後日追記予定

created by Rinker
¥722 (2024/07/23 14:57:33時点 Amazon調べ-詳細)
Kindleコミックランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次